いろんな意味で「奥」にある沖縄、時々自転車の風景をつづっております。こそこそ更新してます。


by beark
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

土曜の朝練 9/2

さて、今日も行ってきました。
自転車屋さんの朝練に。
今日も、20人弱ぐらい参加者がいます。

前回は以下のような課題が見つかった私ですが、

 ① 前の人との間隔は自転車のホイール一個分以内
  で、前の人のぴったり後ろにつくことができない

 ② 集団を引いた後に、後方につくのですが、集団のほうが
  スピードが速すぎてうまく後方についていけない


課題を克服するべく、集団走行の練習グループへ。
今日は、6人ぐらいだったかと思います。

一周、アップして、あとは二周を1セットにして、
三回行いました。合計7周走ります。

1セットの中身は、コース上を50m間隔で、
順次、先頭交代していくものですが、
コース上のラストに坂があって、二周目の
坂では何をしてもいいというという練習内容です。
(二周目の坂ではアタック?合戦になって
ヘロヘロになります。)

前回までの課題①に対して、
まずは恐怖心の克服なので、
認知行動療法の手法を利用して、
まずは、1m、慣れたら、90センチと、少しずつ
前の人との距離を縮めて、恐怖心と戦います。
2セット目ぐらいから、なんか慣れて前回よりかは、
近づけたように思います。
上手な人を見ていると、ぶつかりそうになると、
ブレーキではなく、ケイダンスの回転数を
落としたり、少しずれたりしていて、
それを真似しているとすこし苦手意識が和らぎました。

課題②ですが、
先頭交代を見ていると、

私の場合
 ● 
 黒    ○←前の人と交代
 は    ○
 後    ○ ↑進行方向
 に    ○
 つ    ○
 く → 

こんな感じで、集団から離れすぎていました。

で、最後のダウンの時に、
3人で集団交代を繰り返す練習をしたのですが、
その時に、上手な方から、
先頭交代で後ろに下がる時は、できるだけ集団から
離れずに、(うまく表現できませんが)
最後の人にすぅと吸い付くように?斜めに下がりつつ
入るといいですよってアドバイスされたのですが、
実際やってみると、

  
 黒 ●○←前の人と交代
 は   ○
 斜   ○
 め   ○↑進行方向(うーむ、うまく説明できない)
 に   ○
 走→
 り
 後    
 に   
 つ   
 く 

おおっ!って感じでかなり快適です。

他にも、
 ・間があいていたら、手で合図して隙間に入ったほうがよい
 ・先頭交代する時は、追い抜く人はスピードを上げるのではなく、
 先頭の人がゆっくりと下がっていくようにすると、集団としてきつくない
 ・先頭に行ってという合図が出てもすぐに追い抜くのではなく、
 自分で準備ができてからゆっくりと追い抜く
 ・先頭でスペードをあげるときは、集団が落ち着いてきてから
 にする

などなど、根性以外の部分で、楽に走れるテクニックがあることに
びっくり!!!

最後に走ってくれた方々いわく、
「他にももっと楽に走るテクニックがありますよ」
って言っていたので、参加を続けて体得していきたいです。

指導してくれた方々、ありがとうございます。
(お名前を聞きそびれました、ごめんなさい)

今日の課題
 坂で自分なりにアタック?してみたけれど、続かないし、
 その後、足がいっぱいいっぱいできつい

今日の良かったこと
 集団走行のコツを少しつかんだような気がします。
[PR]
by beark | 2006-09-04 10:58 | 自転車