いろんな意味で「奥」にある沖縄、時々自転車の風景をつづっております。こそこそ更新してます。


by beark
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

夜練

こないだから天気に嫌われ、
自転車に乗れない気持ちを解消する為に、
仕事が終わってから即行で、
南部一周に行きました。

しかし、時間は皆さん、帰宅の時間で、
与那原町から、旧佐敷町までは、
車が多く、スピードを出さず、安全運転。

途中、5台ぐらい反対方向から、
ロード乗りがやってきました。
私はのんびりゆっくりまったりと走っていたのですが、
彼等は、ツールド沖縄前ということでしょうか、
猛スピードで過ぎていきます。

私はというと、旧知念から旧玉城に至る坂
が怖かったのと夕日がきれいだったので
相変わらずの時速25キロぐらいで走りました。
それにしても糸満行きの道は車がとても少なく、
快適です。

快適でした・・・。
玉城村までは。

その後は、真っ暗で、旧具志頭村から
平和祈念公園の付近は、暗い道を
1人で走る形になり、かなり危険でした。
あ、一応ライトは付けていきましたが、
真夜中の線香花火のように光がはかない(T_T)

そして、平和祈念公園を過ぎた後あたりからは、
なんというか星がきれいというか、まさに漆黒の闇。
左の路側帯に寄ろうとすると、ススキの葉っぱがあたって危険だし、
車道に出ると車が怖い。
さらに、下り坂では、1m先が見えないので、
気分は、ディズニーランドのスプラッシュマウンテンの
最後みたいな感じだったので、超安全運転でした。

糸満の市街地に出たときはとてもうれしかったというか、
街の光って素晴らしいって文明に感謝し、
無事生還したという気持ちで一杯でした。

あとは、自転車屋さんに挨拶して、帰宅。
距離乗れたのは嬉しかったのですが、
いかんせん、夜は怖いし、
自転車屋さんでも言われたのですが、
1人であの道を走らないほうがいいなぁと思いました。
やはり、夜よりも朝早く起きて練習したいものです。

練習時間 二時間半
距離 53キロ

追伸
自転車屋さんのブログにも書いてありますが、
夜自転車に乗る時は、きちんとライト&テールライトは、
もちろん反射材のついたウエアの着用などは必須です。
身の安全を守るよう気をつけましょう。
自転車の場合、こちらが正しくても、
多く被害を受けるのはこちらのほうです。

ちなみに、反射材のついたウェアーは、
ホームセンターとかで1000円ぐらいで売ってあります。
[PR]
by beark | 2006-09-20 07:28 | 自転車