いろんな意味で「奥」にある沖縄、時々自転車の風景をつづっております。こそこそ更新してます。


by beark
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

初めてのツールド沖縄市民50キロ参戦記おまけ 福島兄弟と握手大作戦

時は、ツールド沖縄の前の土曜日。

まず受付にと、会場へ入った瞬間!!!
おおぉ、あの福島晋一選手が携帯で何か話している・・・

自転車関係者でないと、知らないと思いますが、
彼は、プロのレーサーで有名人なのです。

本当に、某自転車雑誌に載っているのと
同じ顔だぁって思ってこれはチャンスって思って
サ、サインを・・・
って思ったんですが、電話中だし、いきなり、
サインは失礼かなぁと思い、ひとまず受付から
先に済ませ、また入口へ。

案の定、福島選手はいなくて、
あぁ~、残念と思いつつ、補給食とか、自転車屋さん関係の
出店の方へ、ぶらぶらとしていると、

今度は、おおぉ、福島康司選手が目の前にいて
(多分)関係者らしき人と話している・・・

この時も、小心者の私は近寄れず、ましてやサインなんてと、
遠くから、ストーカーか、巨人の星のおねえさんのように、
物陰から、様子をうかがいます。
様子をうかがっていると・・・、
うわ、コンペックスのブースの中に新城幸也がいる!!
どうしようどうしようと、意味もなく慌てる私。
そんな慌てる私の後ろを福島晋一選手が歩いているし、
私にとっては、パラダイス空間になっていて、
自分でもどうしたらいいのか分からず、
一度、後退。

遠くで、頭を整理して、
せめて、握手だけはしてみたい!ということで、
隙を見て近づき、いつも、某雑誌の連載&ブログ読んでます
とかいって握手してもらおうという作戦にして、
そぉ~と、近づいて、様子をうかがいます。
しかし、様子をうかがっていると、
なんのためらいもなく、福島選手にサイン&握手を求める人が
いっぱいで、かなりうらやましい!
私も、もう少し押しができる性格だったら良かったのに!と
くやしがっていると、
明らかに、怪しい私の行動を見て心配してくれたAさんが、
前に出てくれて、康司選手と話している!!

なんて素敵なAさん、さりげなくAさんが話している横に行って
握手を求めると、快く握手してくれた康司選手!
で、感動して頭が真っ白になっていると、
今度は、晋一選手が近づいてきてくれて、握手してもらい
最近では、これ以上ない感激!
もうこれだけで、お腹一杯状態だったんですが、
福島兄弟と記念撮影ができて、
さらに、康司選手がプロマイドをくれて、
さらにサインまで!!
レースは明日でしたが、すでに大満足!!
でホテルに戻りました。

一応プライバシーに配慮した写真?
e0050449_17402686.jpg


晋一&康司選手 ミーハーなファンですが
一生の宝物にします。
本当にありがとうございました。

そして、きっかけを作ってくれたAさん、
本当にありがとうございました。
本番当日は、私が引いて恩返しを!!って
思っていましたが、声かけるだけで精一杯でした。
次回は頑張ります(^o^)丿
[PR]
by beark | 2006-11-15 01:32 | 自転車