いろんな意味で「奥」にある沖縄、時々自転車の風景をつづっております。こそこそ更新してます。


by beark
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

初めてのツールド沖縄市民50キロ参戦記おまけ3 ゴールの瞬間について

自転車レースのゴールシーンが、
印象的だったので、それについて少し。

チャンピオンとかのスプリント勝負の場合

なんというか、残り50メーターぐらいから、
加速し、風のようにゴールを通り抜けていく様は
すごかったです。
特に、今年のチャンピオンレースの場合は、
音もなく、風が通りすぎていくようで、
みていて圧倒されました。
しかしながら、あまりにも集団でスプリントになると、
落車もあり怖い物を感じました。

独走、逃げ切り状態のゴールの場合

ガッツポーズで、ゴールする選手や、
キリスト教の方と思われるような選手は、
胸の前で十字を切って通り抜けたり、
沿道の観客に拍手を求めながら入ってきたりと
パフォーマンス性にとんでいて見ていて
楽しかったです。
両手ばなし運転が出来ない私は、
ちょっとうらやましかったです。
陰で練習してみようかな。

しかし、今年のツールド沖縄は、
チャンピオンと市民200キロまでは、
「今、先頭の選手がゴールします!!」
というアナウンスがあったのですが、
それ以降は、全然アナウンスもなく、
ガッツポーズでゴールしていても、
アナウンスがないので、
見ている人は、誰が先頭か分からず、
?????という場面が多かったです。
選手は200、130、80と乱れて入ってくるので
アナウンスがないと観客は、いまいちつかめないし、
先頭の人は、喝采を浴びるべきだと思うのですが、
今回それがなかったので、残念でした。

そうそう、話は脱線しますが、
サイクリング系種目のゴールの時も
アナウンスがなくて、選手はただゴールするだけで、
誰も注目していなかったので、
次年度はこのあたりが改善されると
もっといい運営が出来るのではと思いました。

そろそろ、ツールド沖縄ネタで引っ張るのが
苦しくなってきました。
じゃあ、練習しなさいって言われそうでしたが、
ちょっと今、所用で自転車に乗れないので、
食べ物と看板ネタで続けなければと思う、
今日このごろです。

しかし、今日は、朝空港にいたのですが
朝から雨で、土曜の練習会は、中止だったみたいですが、
1人だけ走っている方発見!!
みんな、次に向かって走り出しているんですね。
私も、頑張らなくては。
[PR]
by beark | 2006-11-18 22:28 | 自転車