いろんな意味で「奥」にある沖縄、時々自転車の風景をつづっております。こそこそ更新してます。


by beark
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

石垣に忘れ物・・・

いろんな意味で感動の石垣島トライアスロン大会
だったのですが、それからは、仕事が多忙を極め、
自転車はおろか、家に帰ってきたら即寝の状況。

そんなことが続いていたので、石垣の荷物を空ける暇も
なかったのですが、時間を見つけて自転車を組み立ててみると





自転車シューズがなぁーーーーーい・・・・




どこを探してもありません。




大会から結構時間がたっていたのですが、
大会事務局に電話するも・・・・


「え~・・・と、バイクシューズはありませんね~」


なんと・・・・_| ̄|○

というわけで、
新しいシューズを買うべく自転車やさんへ。

もしかしたら、シューズが見つかるかもしれないのと
前回と同じシューズを買うとなんか悔しいので
こんなのにしてみました。


ジャジャーーン
e0050449_21123390.jpg


今回の靴はシューズを閉めることができるバックルが付いていて
なんと走行中に閉めたり、緩めたりできます。

自転車やさんによると南部一周の練習会の時は、
南部病院前の坂になるとみんなカチカチするらしい。
これで私もカチカチデビューですが、まずは自転車に乗らないとなぁ。

それにしても、このカチカチは結構快感で
みんなこんなの使ってるんだぁって思うと
ずるい感じがしますが、これから乗りこなして
道具に負けないようにしたいです。
[PR]
by beark | 2007-04-30 21:20 | 自転車

竹富島のそば

せっかく石垣まできたのだからと、
石垣から船で20分?ぐらいの竹富島にも行ってきました。

島自体はレンタサイクルで回ったのですが、
町並みや海は来た甲斐があったなぁと思いました。
次はもっとゆっくり行きたいなぁ。

で、短い滞在時間でしたが
竹富島の老舗のそば屋さんに行ってきました。

創業25年の老舗そば屋 竹乃子

どうでもいいですけど竹富島に竹は無かったんですが
何で竹富島って言うんですかね?
今度調べてみよっと。

店の前の陰にあるテーブル席は、
癒されるだろうなぁって思いました。
(ただし店内でそばを受け取って食べるというセルフになるみたいでした)

で、注文したのは八重山そば 
e0050449_10483593.jpg


八重山そばは、沖縄本島でいうところの三枚肉が
刻まれていて麺の中に埋もれているという外見なのですが
やはり本場の八重山そば

うまい!!!!!

リピーターが多いというのにも納得の味でした。
そういえば、店内は有名人?のサインでいっぱい。
みんなとりこになる味なんでしょう。

竹富に行かれる際はぜひ行ってみて下さい。
[PR]
by beark | 2007-04-26 08:25 | おくのお店

多分、石垣限定飲料

石垣のコンビニにて。
e0050449_2226030.jpg

多分、沖縄本島では売っていないと思います。
味は・・・・
類似飲料と大差は無いような気がしますが、
気になった人はぜひ、石垣へ。
e0050449_22261712.jpg

こんなコピーが入っているって
なんかいいなぁ~
e0050449_2226329.jpg

[PR]
by beark | 2007-04-25 07:27 | ???

石垣島の奥のほう

今回は初石垣島だったので
トライアスロン以外にもいろいろと
探検してみました。

しっかし、石垣島は、山あり、牛あり、田んぼありと
私の大好きな阿蘇のような感じで、
これで、温暖な気候ときれいな海とくれば
内地からの移住者は多いだろうなぁと納得。

石垣の朝
e0050449_10223992.jpg


牛様
e0050449_10231399.jpg


で、そんな風景を見ながらひたすら北上。

道すがら、あんまり乗用車は見なかったのですが
なんというかドナドナな車がよくすれ違います。
牛さんと目があうとなんか切ない・・・・
(でも、食べましたけどね)

そんなこんなで、島田○介のお店に行こうとしたら
なんとお客さんでいっぱい。
儲かっているんですね。

で、しょうがなくさらに北上するとこんなお店が

e0050449_10265781.jpg


自家牧場の肉を使っていますと書いてあったので期待大です。

ちなみにメニューは牛そばとカレーライスと牛汁だけ。
牛汁だけが1000円で後は500円。

さっそく牛そばを注文。
e0050449_1029717.jpg


大きい野菜と山盛りの肉(多分石垣牛?)で
味は、九州で食べる肉うどんという感じで、
甘めに味付けられた肉と野菜がもちもちとした八重山そばの麺と
マッチしてなかなか美味しい。

肝心の石垣牛の肉はすじ肉やもつも入っていましたが
じっくりと煮込まれていてうまい!!!!

正直期待していなかったので大きな収穫でした。

そうそう、このお店の前にあったバス停。
e0050449_1033295.jpg

乗り遅れると大変ですが、
シンプルですね。
[PR]
by beark | 2007-04-24 10:45 | おくのお店

石垣市の看板

こんな雰囲気は好きだなぁ
e0050449_224112.jpg
e0050449_224237.jpg

完全な看板を見たかったのですがこのそのまんまの
感じも結構ポイント高いです。

e0050449_224381.jpg


石垣は移住者が多いそうです。
一方で仕事は無いようで街中に結構こういう場面がありました。
e0050449_224519.jpg


確かに感じました。
来年も石垣に帰りたいです。
e0050449_225253.jpg

[PR]
by beark | 2007-04-23 04:32 | おくの看板
今回、トライアスロンと同じくらい大切だったことがあります。


それは・・・









石垣牛を食べること!!!


ということで、
石垣にいる友人に頼んで連れて行ってもらいました。
石垣牛の老舗 たんたん亭

行く前に、石垣牛は、石垣で食べたら石垣牛
神戸で食べたら、神戸ビーフや松坂牛という話を聞いていたのですが
まさにそのとおりの味でした。
多くは語りませんが、なんというかトロケマシタ。
ちなみに石垣牛は時価だそうで今回のサーロインは6000円
みすじ(腕というか肩甲骨あたりのお肉)は4500円でした。
どちらも200グラム。

サーロイン
e0050449_21562466.jpg

サーロイン2
e0050449_2157291.jpg

みすじ
e0050449_21572225.jpg


気になった方は
ぜひ、石垣で食べてみてください。

e0050449_22153074.jpg

[PR]
by beark | 2007-04-19 12:58 | おくのお店
当日の天気は
そして、前日までのノープランお気楽気分とはうって変わって
気分も雨模様でめちゃくちゃ緊張している私。

なにぶん、すべてが初めての経験だったので
最終受付やら、自転車置き場に自転車&必要物品のセット
などなど周りの人の真似をしまくる私。

うーん、バイクシューズの中に靴下を入れておこうかな?
とか、スイムキャップを二枚かぶったほうがいいかなぁとか
ランニングシューズをどこにおこうかなぁとか迷う私。

そうしている間にも、刻一刻とレースの瞬間が近づき、
スイムのレースの前の入水という時間になりました。
なんでも、トライアスロンのスイムの始めは、
集団で泳ぐので、最短路を行くにはそれなりのバトル
を勝ち抜かないといけないそうで始めから飛ばしておいたほうが
有利ということで、アップの時間にもなるこの入水の時間
に結構泳いでいたほうが良いらしいです。

というわけで、さっそく泳いでみると・・・
しかし、本当に遠くまで泳いでしまったようで、周囲に人がいない・・・
うーん、大丈夫かなぁと早くも赤信号が・・・

そんなこんなで、レースの開始時間。

スイムは一周 750メートルのコースを2周の1500m。

スイムは自己申告タイムに基づきスタートが始まるそうで
これまで泳いだことがなかった私は、そんなんわかるかと
何も書かないで申し込んだので一番最後の七番目のスタート。

で、どきどきしながら先にスタートした皆さんを見ていると
なんだか妙な闘志がわいてきてとりあえずドボーンと飛び込みました。

実際スタートするとちょっと緊張も解けて泳ぎに集中できました。
それにしても、なんと人の多いことか、人をよけると疲れるので
すり抜けるように泳いだのですが、前の人がいきなり平泳ぎしたり
足をつかまれたり、けられたりと話に聞いていた通りの展開になり
それなりにバトルして先を急ぎます。
一週目が終了するとかなり緊張が解けて周りを見る余裕
があり、海底奥深くにいるレスキューのダイバーの人を探したり、
海の中を見ながら泳いでいたんですが、
練習のときにまっすく泳ぐ練習をしたのに
本番でなぜかちょっと目標を間違えて遠く泳いでしまっていたのが
ちょっと残念。

で、次はバイクへ。

バイクは40キロ。で、後ろの人について走ってはいけないという
ルールがあるそうで、自分の力だけで走らないといけないそうです。

スイムが終了して・・・
あれだけ海水を飲んだのになぜかスイムの後に水をもらって
自転車の元へ向かいます。
なんか意識がモウロウとしていたような・・・
で、まず、めがねを探して、ウエットスーツ脱いで・・・と
準備を始めます。
私はウエットスーツのしたにはバイクパンツをはいていたので
ウエットを脱いで上着を付けたら準備OKだったのですが、
隣のおじ様は、どうどうとスッポンポンになって着替えていました。
この人ツワモノだ!と思いつつバイクスタート。

ちょうどこの頃から、雨が激しくなって
めがねに水滴が付いて前が見えない・・・
さらに、手袋つけるのも忘れて手がすべる・・・
というわけで、今考えると危険極まりない状態でしたが
それなりに飛ばして先を急ぎます・・・

ですが、トライアスロンのバイクの間隔の取り方に
なれずなかなかスピードにのれない・・・

コース的にはなんと言うか南部一周みたいな感じで
平坦とアップダウンがあるコースなので、できるだけ登りで
スピードを落とさず、下りで先に追いつきたいなぁって
思っていたのですが、さすがに雨で前が見えないので
坂の区間は安全運転であとはできるだけ前へ急ぎます。
っていうか、坂の登りはみんな団子になっていて
動きがとれず、しかも後ろから来る速い人達は
縦横無尽に空いている隙間を見つけて抜けていくので
結構危険でした。

バイクはエアロバーが付いている人は軽快にこいでいましたし、
マウンテンバイクでしかもブロックタイヤで激走する人もいて
トライアスリートの底知れないスタミナを身をもって感じましたが
あとから振り返るとこの辺は序の口なのかも・・・

嫁に言わすとランに備えるために計算しながらこいでいるように
みえたらしい私のバイクを終え次は
一番の難関、ランへ

ランは石垣市内と走る10キロのコース。
ほとんど平坦でした。

ランの練習はひざが痛くなるので、本番に支障をきたしそうで
ランは、やラン とかくだらないことをいって、スイムとバイクで余裕を作って
ランは歩けばいーやーというのが事前の私の作戦だったのですが・・・

ひとまずバイクを終えて、ランニングシューズに履き替えようとしますが
雨で靴下が濡れてうまくはけなかったり、シューズ自体が濡れていて重い!

私にとっては最悪のスタート。

しかも、この時点でスイムで飲んだ海水が影響して
トイレに行きたい私・・・

しかし、周りの皆さんの愛の応援に負け、そのままランへ。

この時点で、ひざの痛みはなかったのですが、
スイムとバイクのせいか足が上がらず走れない・・・
しかし、ちょっとづつ、ゆっくりと走っていると
3キロ地点で、案の定ひざが痛い・・・

というわけで、ちょっと歩こうかなぁとすると
なんと沿道で応援してくれているおばちゃんが
事前に新聞に載っていた名簿を持っていて
私の番号を探して、

「○○△番の bearkさん!走りなさい!!!」

という愛の応援。

とてもじゃないけど歩けない・・・

しかし、ひざは動かないし、痛いしと最悪の状況でしたが
限りなく歩きに近い走りで先に進みます。

そうすると、今度は沿道の子供が、
「にーにー、お相撲さんに抜かれるよぉ」

って、ん?
おすもうさん?

まさか、力士はトライアスロンしないだろうって
思って後ろは振り向くと・・・

えっ!!!!!!Σ(°口°;

お相撲さんのキグルミを来たおねーさんが走っている・・・

そんなお相撲さんにさくっと抜かれた私は
唖然としてしまいましたが、
心に大きなダメージを受けつつ一歩一歩進みます。

しかし、そんなことをいってもひざが痛いというか
電気が走る・・・・
なので、やむを得ず、ちょっと歩いていると
どこかの学校の前に、トライアスリートを応援する
バンドみたいな軍団がいて・・・
先述のおばさんのように、マイクで応援される始末・・・

というわけで、もうこれまで生きてきた中で
最大限につらくても、沿道に人がいるから
歩けず、最悪の状態。

一生懸命走っているんだけど、
それ以上に頑張れといわれる沿道の応援で
なんというか、うつ病になる人の気持ちが分かった様な
気がしました。

このようにかなりの限界状態だった私ですが、
7キロ過ぎぐらいで、精神的にも限界をむかえ、
下を見ながら道路の白線を見ながら、周囲を気にせず
500メートル走っては、500メートル歩き、
何とか先に進みます。それにしても10キロとは
こんなに長かったかのかと何度も何度も考えながら
走っていきました。

そして、ようやく8キロ地点通過。
ここから2キロは頑張って歩かないようにしようと決め
ゆっくりでも歩かないでゴールを目指しました。
最後の2キロは長くて遠い、自転車での
2キロはあっという間ですが、ランの2キロは
永遠に届かないのではないかと思いました。
ゴールのゲートが見えてからなかなか近づけない・・・

ゴールの瞬間は、意識もうつろで完走した感激よりも
ランで限界まで追い込まれた苦痛が終わったという
安堵感でいっぱいでした。

ゴールして、完走メダルとタオルをもらっても
目の焦点が合っていないと自転車屋さんにも言われましたが
多分、お昼ご飯を食べて、デザートのマンゴーアイスを食べるまで
戻っていなかったはず・・・
限界を超えてぼろぼろになった私の初参戦記ですが
という感じでかなりの長文で、ご迷惑をおかけしました。
でも、今後のためにもあえて分割しないで載せました。

完走して一日たってようやく完走した喜びを感じています。
今はひざの痛みと筋肉痛に苦しんでいますが、
治ったら、来年に向けてランの練習をやらなくては・・・と思っています。

今回完走できたのは私一人の力というよりも
多くの方に支えられての完走でした、名前は挙げませんが
皆さん本当にありがとうございました。
[PR]
by beark | 2007-04-16 22:24 | トライアスロン

ボロボロながら

完走出来ました。やれやれですが、へたれな私を支えて頂いた皆様及びご迷惑をおかけした皆様に感謝でいっぱいです。後できちんとアップしますが、とりあえず報告まで。
[PR]
by beark | 2007-04-15 20:14 | トライアスロン

ぼろぼろの状態で・・・

最近、残業続きでろくに練習できない私。
それどころか、なかなかよろしくない状況なのですが・・・

石垣にいってきまーーーす。

無事完走できればいーなー

ひざが痛くなりませんように。
[PR]
by beark | 2007-04-12 22:41 | トライアスロン